確実に慰謝料を取って離婚するには、不貞行為の証拠が必須

慰謝料請求

Fotolia_86562524_XS
浮気をするような妻とはさっさと縁を切って、慰謝料をガッポリいただきたい・・・という方も多いでしょう。しかしながら、浮気するような根性の捻じ曲がった人間です。そうすんなり応じるとは限りません。そこで物を言うのが不貞行為の証拠なのです。

離婚裁判や調停では、不貞行為の証拠が必要

浮気する人間というのは「違うの!」「愛しているのはあなただけ!」と口々に似たような言い訳をするものです。どこまでも呆れるほどに言い訳をするのですが、明確な証拠というものを提示されるとさすがにこういった人間でも黙るものです。相手を黙らせる、またその後の展開を自分にとって有利に進めていく上でも不貞行為の証拠というのは必要不可欠です。

特に、離婚裁判や調停では証拠が物を言います。離婚裁判や調停では、第三者が介入することになります。第三者から見ても「妻の浮気が明確である」という状態に持っていくのがベストです。当たり前のことですが、浮気をしたほうが加害者、浮気をされたほうが被害者となるわけですから、第三者も被害者である夫のほうに同情的になりますし、だからこそ有利になるよう進めてくれるものです。

また、離婚裁判や調停をするということは今すぐにでも離婚したいということです。ただ、浮気をされて黙って離婚では納得がいきませんし、そこで慰謝料といものが登場します。この慰謝料の金額を決めるのが不貞行為の証拠なのです。つまり、離婚における不貞行為の証拠というのはお金の問題に直結しているものなのです。

ツーショット写真、プリクラを浮気の証拠に慰謝料請求できる?

妻と浮気相手のツーショット写真やプリクラを見つけた場合、「よっしゃ!証拠確保!」と思う方も多いでしょう。しかしながら、そう判断してしまうのは早計です。夫婦間での話し合いの際に、妻に浮気を認めさせる、妻を追い込むための材料にはなりますが、法的には浮気の証拠とはなりません。つまり、ツーショット写真やプリクラだけでは慰謝料請求はできないのです。

法的に浮気の証拠となる写真というのは、肉体関係、つまり性行為があったと確認できるもの、推測できるものになります。行為中の写真やラブホテルに出入りしている写真などが一般的です。日時を変えて、複数枚揃えておくことによって証拠としての力をさらに強めることができます。

ツーショット写真でも裸で抱き合っているもの、行為中のいわゆる「ハメ撮り」というものであれば、証拠能力も高くなってくるでしょう。性癖にもよりますが、プリクラの撮影スペース内で行為に及ぶ、全裸になるというケースもありますので、プリクラもあながち軽視はできません。是非、細かくチェックしておきたいものです。

メールの内容を証拠に慰謝料請求できる?

メールがきっかけで浮気に気づいたというパターンは非常に多いものです。浮気を見つけたからにはそのメールを証拠に追い詰めてやる!と息巻く気持ちもわかりますが、一旦落ち着きましょう。というのも、メールの内容だけでは証拠としての能力が弱く、あくまでも憶測ということで取り合ってもらえませんので、慰謝料請求もできないのです。せいぜい、妻と浮気相手に浮気を認めさせるくらいのものでしょう。それもうまくいったとしての話です。

ただ、メールというのは証拠をつかむためのきっかけになるものです。メールからはさまざまな情報を入手することができます。今までいつどこで会っていたのか、待ち合わせ場所、これからいつどこで会うのか、どれだけの期間浮気をしていたのか・・・場合によっては相手の個人情報までゲットできる可能性があります。これも性癖によるのですが、全裸や行為中の画像を送り合うといったことをメールでしていることもあります。

基本的にメールは強い証拠にはなりません。だからこそ、メールを通してより強力な証拠を確保し、その証拠をこれまでのメールで固めていくという形を取っていくといいでしょう。メールで浮気が発覚しても、まずはメールの情報をこちらで確実に押さえつつ泳がせることです。

証拠は無いけど慰謝料請求できる?

法的な手段で慰謝料の請求を考えている場合、証拠無しではできません。先でもお話しましたように、法的手段においては肉体関係、つまり性行為があったと確認できるもの、推測できるものが必要になってきます。言ってしまえば、法的手段は証拠ありきなのです。

ただ、証拠は無くとも、請求自体は可能でもあります。どいうことかというと、法的手段を使わずに慰謝料の請求をするのです。具体的に言うと、内容証明といった方法になります。浮気の事実により慰謝料を請求することを内容証明で送り、相手がそれですんなりと事実を認めれば慰謝料をもらえる可能性はあります。実際に、浮気三昧の配偶者の浮気相手に内容証明で絶妙な金額の慰謝料を請求し、浮気相手全員からそこそこの慰謝料をゲットしたという話もあります。

証拠が無く、逆に不利になってしまうことも・・・

ここで注意しておきたいのが、証拠が無いままに浮気で慰謝料請求をしてしまうと、逆に相手から恐喝罪で訴えられる可能性もあるということです。実際に、本当に勘違いであったということもあるでしょうし、証拠が無いことを気取られていると相手も強気に出てきます。そのため、確実な証拠が無いのに慰謝料を請求するのはやめたほうがいいでしょう。

まれに証拠が無い状態でカマをかける方式でうまく相手に浮気の事実を認めさせ、そこから自分にとって有利な展開に持っていくという話もあるのですが、これはうまくいけば確かに非常に効率的な方法です。しかしながら、うまくいかなかったときのリスクが非常に大きいのです。確実に浮気を認めさせ、そこから制裁として慰謝料を取るということを考えるのであれば、まずは確実な証拠をつかむことです。

確実な証拠を得るために探偵へ依頼しよう!

過去に配偶者の浮気に気づきながらも証拠集めで失敗し、自分の納得できる展開に持っていくことができなかったと後悔している方は非常に多い傾向にあります。一刻も早く証拠をつかみたいという気持ちはわかります。しかしながら、証拠集めというのは素人が手を出してそうそううまくいくものではありません。

特に、女性は勘が鋭いものです。浮気を疑っていることを察知し、守りの態勢に入る可能性もあります。ここで失敗すれば、慰謝料請求においては命取りです。そこで探偵というものを活用していきましょう。「餅は餅屋」という言葉がありますように、証拠集めはその道のプロに任せるべきなのです。実際に、探偵は数々の浮気や不倫に関しての依頼を受けています。

探偵であれば、法的手段を取っても十分に通用する証拠を確実にゲットしてきてくれることでしょう。もちろん、お金も時間もかかりますが、妻に浮気を認めさせ、さらに慰謝料をゲットするためと思えば、頑張れるはずです。相談にも乗ってくれるでしょう。

特に、慰謝料の請求を一番の目的に考えている方にとっては探偵というのは非常に心強い味方になります。証拠能力の強さによって、慰謝料として請求できる金額も違ってきます。やはり、より確実な証拠を確保することによってより多くの慰謝料をゲットすることができるのです。制裁としてできる限り多くのお金を取っておきたいという方は、今すぐにでも探偵に浮気調査を依頼すべきです。

妻の不倫にお悩みの方へ

最近、妻が隠れて誰かと電話してる、よそよそしい、夫婦生活を断るといった兆候はありませんか?こんな事があると不倫を疑い気が気でいられないでしょう。「こんなプライベートな悩み、誰に相談すれば…」と悩んでませんか?

実は、不倫の悩みは探偵事務所が解決してくれるんです!

当サイト紹介の探偵事務所は電話・メール相談、不倫調査の費用見積もりが24時間対応、匿名OK、完全無料。問題解決のために確実な調査とアフターケアを徹底します。

オススメの探偵事務所を比較してランキングにしました。まずはこちらの探偵事務所にご相談してはいかがでしょうか?探偵事務所のスタッフが全力であなたをサポートします!

他にも色んな観点から比較したランキングがあります!

当サイトでは様々な観点から探偵事務所を比較しております。納得がゆく探偵事務所を見つけるためにこちらも参考にしてください。

確実に不倫の証拠を取ってくれる、調査力の高い探偵事務所に依頼したい方は

とにかく調査費用が安いところに依頼したい、調査費用が気になる方は

探偵事務所が近場にあるか気になる方は

ページの先頭へ