不倫相手に慰謝料請求する際の示談書の書き方

慰謝料請求

浮気した妻だけではなく、浮気相手、不倫相手にも慰謝料請求をすることができます。その際に、示談書は絶対に作っておきましょう。詰められるところは徹底的に詰めていくべきなのです。

示談書の必要性

浮気相手がすんなりと浮気の事実を認め、慰謝料の支払いにも素直に応じているという場合でも、示談書は絶対に必要です。というのも、示談書を作らないままの約束というのはどこまでいっても口約束でしかありません。平気で浮気をするような相手ですから、気が変わって「ややっぱり払えませーん」なんてこともあり得るのです。そこから言った言わないの水掛け論に発展すれば、もううんざりです。

口約束で相手が約束を守らない、そこから発展するトラブルを防ぐためにも示談書が必要になってくるのです。口約束を書面に起こし、相手の逃げ道を塞いでいくのです。慰謝料という制裁を相手に確実に与えるため、自分にとって有利な展開にしていくためにも示談書は欠かせないものなのです。

示談書に記載する内容

浮気相手に慰謝料請求する上で欠かすことのできない示談書ですが、具体的には何を記載していけばいいのでしょうか。ここでは、示談書に記載する内容についてお話していきましょう。ちなみに、示談書のタイトルは和解書、契約書、誓約書などでも問題ありません。意味合いはすべて同じです。

不倫の事実について

まずは、不倫の事実についてです。不倫相手の氏名はもちろん、いつどこで不倫行為をしたかなどを記載していきます。浮気相手、不倫相手は嫌がるでしょうが、ハッキリと書かせます。これも一種の制裁になるでしょう。

慰謝料の額について

慰謝料の金額についてです。いくらの慰謝料を支払うかについて記載していきましょう。ここはシンプルに記載すればOKです。

慰謝料の支払い方法について

慰謝料の支払い方法についても記載しておきましょう。いつまでに支払うのか、一括払いなのか分割払いなのかといったところまで記載しておきます。ここも逃げ道がないよう、しっかりと詰めておきます。

今後不倫関係を継続しないことの誓約について

不倫相手が妻(元妻)との交際を終了すること、また連絡を取り合わないことの約束について記載しておきます。万が一約束を破り、連絡を取り合うようなことがあれば、違約金を支払う旨の約束についても記載するといいでしょう。約束を破ることが容易に想像できる場合には、100万円単位の大きな金額を違約金として記載しておくと、慰謝料以外でもガッポリです。

後々のトラブルを防ぐための条件について

示談書は先でもお話しましたように、後々のトラブルを回避するという役割も担っています。この示談書で約束したこと以外にはお互いに何の金銭請求ができないことの確認を記載しておきましょう。逆に言えば、示談書で約束したことに関しては金銭請求ができるということになります。

公正証書作成についての約束について

公正証書を作成しておくことによって、もし相手が慰謝料を支払わなくなっても比較的簡単に貯金や給料といったものを差し押さえることができます。つまり、滞納があっても慰謝料分を確実に確保できるようになるのです。公正証書の作成も是非してきましょう。

妻の不倫にお悩みの方へ

最近、妻が隠れて誰かと電話してる、よそよそしい、夫婦生活を断るといった兆候はありませんか?こんな事があると不倫を疑い気が気でいられないでしょう。「こんなプライベートな悩み、誰に相談すれば…」と悩んでませんか?

実は、不倫の悩みは探偵事務所が解決してくれるんです!

当サイト紹介の探偵事務所は電話・メール相談、不倫調査の費用見積もりが24時間対応、匿名OK、完全無料。問題解決のために確実な調査とアフターケアを徹底します。

オススメの探偵事務所を比較してランキングにしました。まずはこちらの探偵事務所にご相談してはいかがでしょうか?探偵事務所のスタッフが全力であなたをサポートします!

他にも色んな観点から比較したランキングがあります!

当サイトでは様々な観点から探偵事務所を比較しております。納得がゆく探偵事務所を見つけるためにこちらも参考にしてください。

確実に不倫の証拠を取ってくれる、調査力の高い探偵事務所に依頼したい方は

とにかく調査費用が安いところに依頼したい、調査費用が気になる方は

探偵事務所が近場にあるか気になる方は

ページの先頭へ