慰謝料請求の時効、いつまでに請求できる?

慰謝料請求

Fotolia_96568852_XS

浮気による慰謝料請求にも時効があるということをご存知でしょうか。浮気の証拠を集めるために泳がせていたら時効になって慰謝料請求ができなくなってしまった・・・というのはあまりにも悲しすぎます。浮気した妻とその浮気相手へ慰謝料請求を考えているのであれば、慰謝料請求の事項についても十分に理解しておきましょう。

浮気による慰謝料請求の時効というのはやや複雑です。時効と一口に言っても複数の時効があります。というのも、どこを起点とするかによって時効が異なってくるのです。

  • 不倫関係があったときから20年間
  • 不倫された側が不倫関係があったことと不倫相手を知ったときから3年間
  • 離婚が成立した日から3年間

不倫関係があったときから20年間

浮気による慰謝料請求の時効として、まず知っておきたいのが不倫関係があったときから20年という時効です。これは除斥期間とも呼ばれるものです。例えば、今から19年前に妻が不倫していたことを夫が知った場合、そこから1年の間に慰謝料を請求しなければ慰謝料請求権は消滅してしまうのです。

不倫された側が不倫関係があったことと不倫相手を知ったときから3年間

不倫された側が不倫関係があったことと不倫相手を知ったときから3年間、言い換えれば、夫が妻の不倫とその不倫相手に気づいたときから3年間ということになります。ちなみに、こちらは消滅時効とも呼ばれます。どの時点から時効の期間のカウントが開始されるのか気になるところでしょうが、基本的に不倫慰謝料請求の消滅時効は民法によって「損害及び加害者を知ったとき」から進行することと定められています。つまり、不倫相手の顔は知っているものの名前や住所がわからないという場合には、事実上慰謝料請求ができませんし、時効期間のカウントも開始されません。

離婚が成立した日から3年間

不倫関係があったときから20年間という除斥期間、不倫された側が不倫関係があったことと不倫相手を知ったときから3年という消滅時効、これらはどちらも浮気や不倫が原因で離婚する場合の慰謝料請求の時効になります。ただ、離婚した後で慰謝料請求するという場合も出てくるかと思います。結婚していた頃は揉め事を起こしたくなくて請求しなかったものの、離婚をしたら請求する気になったという話はよくあるものです。

離婚が成立した日から3年間というのは、離婚をした後での慰謝料請求の時効になります。ただ、離婚後の慰謝料請求というのは離婚前の慰謝料請求に比べるとその金額は低い傾向にあります。この点は覚悟しておいたほうがいいでしょう。

妻や不倫相手が時効を知らなければ有利に・・・

浮気や不倫における慰謝料請求の時効についてお話しましたが、時効期間が経過したからといって自動的に慰謝料を請求できなくなるわけではありません。ここは勘違いしないようにしましょう。妻やその浮気相手、不倫相手が「もう時効なので慰謝料は払いません」と主張しない限り、慰謝料請求権の消滅というのは起こらないのです。

つまり、時効が過ぎていたとしても妻やその浮気相手、不倫相手が時効についてまったく知らないということであれば慰謝料請求というのは可能になってくるのです。それどころか、時効を過ぎているのにも関わらず妻や浮気相手、不倫相手のほうから慰謝料を積極的に支払ってくるという事態になる可能性もあるのです。浮気や不倫による慰謝料請求というのは、相手が無知であればあるほど有利に進めていくことができるでしょう。

妻の不倫にお悩みの方へ

最近、妻が隠れて誰かと電話してる、よそよそしい、夫婦生活を断るといった兆候はありませんか?こんな事があると不倫を疑い気が気でいられないでしょう。「こんなプライベートな悩み、誰に相談すれば…」と悩んでませんか?

実は、不倫の悩みは探偵事務所が解決してくれるんです!

当サイト紹介の探偵事務所は電話・メール相談、不倫調査の費用見積もりが24時間対応、匿名OK、完全無料。問題解決のために確実な調査とアフターケアを徹底します。

オススメの探偵事務所を比較してランキングにしました。まずはこちらの探偵事務所にご相談してはいかがでしょうか?探偵事務所のスタッフが全力であなたをサポートします!

他にも色んな観点から比較したランキングがあります!

当サイトでは様々な観点から探偵事務所を比較しております。納得がゆく探偵事務所を見つけるためにこちらも参考にしてください。

確実に不倫の証拠を取ってくれる、調査力の高い探偵事務所に依頼したい方は

とにかく調査費用が安いところに依頼したい、調査費用が気になる方は

探偵事務所が近場にあるか気になる方は

ページの先頭へ