「不貞行為」の法律上の定義とは?

不倫・浮気の定義

本

浮気や不倫を考える上で重要なキーワードとなってくるのが「不貞行為」です。よく見聞きする言葉ではありますが、その定義について明確な説明ができる人は少ないでしょう。

決して良いことではないことはわかりますが、具体的にどういったことが「不貞行為」になるのかその定義について見ていきましょう。

妻の不倫にお悩みの方へ、HAL探偵社に無料で相談してみませんか?
不倫調査を依頼する際も、他社と比較して割安料金をご提示いたします。

▼24時間無料相談ダイヤル
0120-088-995

不貞行為の定義

法律上の不貞行為の定義について見ていきましょう。法律上での不貞行為は、「配偶者のいる者が、自由な意思に基づいて配偶者以外の異性と性的関係を持つこと」と定義されています。

難しい言葉もありますが簡単に言ってしまえば、結婚しているのに好き勝手に異性と性行為をすることです。

日本の法律は、一夫一妻制で、夫婦として婚姻関係を結んだ相手と貞操義務を果たさなくてはいけないのですね。

ただ、不貞行為と一口に言ってもいろいろなケースが考えられます。それぞれの言葉に注目して、もっと細かなケースについて見ていきましょう。

  • 配偶者のある者
  • 自由意思
  • 性的関係を持つ

「配偶者のある者」とは?

夫婦のCGイメージ

まずは、「配偶者のある者」という部分に注目してみましょう。要は、結婚しているかということになるのですが他にもいろいろなケースがあります。

芸能ニュースなどでもよく取りざたされる「内縁の妻」や「内縁の夫」といった表現ですが、これは内縁関係ということになります。この内縁関係も配偶者と見なされるのです。

そして、婚約関係も含まれます。というのも、婚約というのは結婚を約束している状態です。「結婚はまだしていない!」と言いたい人もいるかもしれませんが、結婚を前提にしている関係になりますので配偶者のある者として見なされるのです。

「自由意思」とは?

歩行のCGイメージ

では、次は「自由意思」について見ていきましょう。自由意思は、言い換えれば「自発的な選択」といったところでしょうか。

不倫や浮気に関していえば、「する気があったのか、それともなかったのか」が重視されることになります。する気はなかったのに諸事情で不貞行為をすることになったという話も実際にあるのです。

例えば、レイプです。レイプされた場合には不倫にはなりません。そこには自由意思はありません。

ただ、レイプ犯は不倫になります。嫌がっている相手を無理やり…ということになりますので、確実にそこには自由意思があります。

「性的関係を持つ」とは?

男女シンボル

では、最後に「性的関係を持つ」ということについてお話していきましょう。これは簡単に言ってしまえば、肉体関係があるか、つまり「セックスしたか」ということになります。

キスやハグだけでは、肉体関係があったとは言えません。俗な言い方をすれば、本番をしなければ不倫ではないという判断になります。

ただ、大人の男女がラブホテルに入り、「本番はしていない!」と言ったところでそれが真実であっても受け入れられる可能性は低いでしょう。本番をしていると判断される状況が揃っていれば、仮にしていなくとも本番をしたと判断されることになります。

こういう場合は不倫に該当するの?

不貞行為の定義は法律ではっきりと決められていますが判断に悩むシチュエーションもあります。こういった場合は、不貞行為に該当するかどうかをQ&A形式でお答えします。

風俗通いは不倫?
男性であれば風俗通いも不倫になるのか気になるところでしょう。1回限りということであればそう追求されることもないでしょうが、これが何回も、しかも「やめてと言われていたのに続けていた」ということであれば、これも離婚事由となります。

風俗の相手であっても、お店ではなくプライベートで会うようになり肉体関係を持つようになれば、これは完全に不倫となります。

性的関係のない不倫はどうなる?
自分の配偶者の行動が怪しい、なにも確信するものがなかったとしても何となく分かってしまうところもあります。ただ、性的関係があって不貞行為とみなされるため、残念ながら性的行為のない不倫は、法律上は不貞行為にはあたらないとされています。

肉体関係のないプラトニックな関係こそ、面倒くさいものはありません。離婚請求をすることは難しくても、これが原因で婚姻関係が破たんしてしまえば、正当な離婚理由となります。

同性愛は不倫になる?
最近ではいろいろなところで同性愛に関するニュースが取り上げられています。パートナーが同性と浮気をしてしまったという話もよくあるものです。

ただ、同性愛に関しては不倫とは認められません。というのも、法律上の不貞行為は「異性と性的関係を持つ」と定義されているのです。

つまり、浮気相手が同性だった場合、そこに肉体関係があろうがなかろうが不倫とは認められないのです。不倫とは認められないものの、婚姻を継続し難い重大な事由にはなります。

現行法では不倫とは認められない同性愛ですが、同性相手に浮気をしていたことを立証することができればまた事情も違ってきます。ただ、同性という性質上その立証が難しいというのもまた現実です。

手を握る女性達

特に女性の場合ですと、同性同士で手をつなぐことはよくありますし、お泊りして一緒のベッドで寝るということも珍しくはないのです。それが浮気旅行であっても「同性の友達との旅行だ」といわれてしまえば終わりなのです。

同性愛がオープンになっている時代だからこそ、こういったケースも少なくありません。現行法では不倫と認められない同性愛だからこそ、それを理由に離婚を考えるのであれば証拠をかためることに集中しましょう。

妻の不倫にお悩みの方へ

最近、妻が隠れて誰かと電話してる、よそよそしい、夫婦生活を断るといった兆候はありませんか?こんな事があると不倫を疑い気が気でいられないでしょう。「こんなプライベートな悩み、誰に相談すれば…」と悩んでませんか?

実は、不倫の悩みは探偵事務所が解決してくれるんです!

当サイト紹介の探偵事務所は電話・メール相談、不倫調査の費用見積もりが24時間対応、匿名OK、完全無料。問題解決のために確実な調査とアフターケアを徹底します。

オススメの探偵事務所を比較してランキングにしました。まずはこちらの探偵事務所にご相談してはいかがでしょうか?探偵事務所のスタッフが全力であなたをサポートします!

  1. 解決実績No.1、業界最大手「原一探偵事務所」

    業界最大手の探偵社で資本、調査員の数・質ともにトップクラスです!裁判で通用する不倫の証拠を確実に取ってくれます!なお当日依頼も受け付けているのでまずは電話で気軽に相談してはいかがでしょうか?当サイトから依頼された場合は浮気調査基本料金が50%OFF!

    原一探偵事務所はこのような方にオススメ
    • 解決実績No.1で業界トップの探偵事務所に依頼したい
    • 確かな調査により確実に不倫の証拠を取りたい
    • 不倫調査後のアフターフォローもしっかりしてほしい
    ▼24時間無料相談ダイヤル
    0120-501-897
    詳細はこちら
    無料相談はこちら
    割引クーポン
  2. 業界最安クラス!「HAL探偵社」

    調査費用が気になる方は6000円から調査依頼可能なHAL探偵社をオススメします!HAL探偵社は証拠が取れた場合にのみ調査費用を後払いする「成功報酬制度」を採用しているので、万が一、証拠が取れなかった場合には費用は一切発生しません。また調査費用や慰謝料の見積もりが簡単にできるシミュレーターも用意しているので料金が気になる方はHAL探偵社へ!

    HAL探偵社はこのような方にオススメ
    • 万が一、不倫の証拠が取れなかった場合に、高額な調査費用を無駄にしたくない
    • 料金体系が複雑なのは嫌だ!
    • 相場より安い料金で不倫調査を依頼したい
    ▼24時間無料相談ダイヤル
    0120-088-995
不倫問題に強いオススメの探偵事務所・興信所の総合比較・ランキングはこちら

ページの先頭へ