不倫妻に鉄拳制裁!最もこたえる制裁方法とは?

復讐・制裁方法

young Couple not talking after  fight  in living room
不倫の事実を知ったあなたは憤怒して居ても立っても居られないことでしょう。感情が優先して「とにかく妻と間男を懲らしめてやりたい」「膨大な慰謝料をふっかけて離婚してやる」と思っているかもしれません。

しかし、今一度立ち止まって制裁する意味を考えてみましょう。相手からしてみたら「そこまでするのか?いくら何でもやりすぎでは?」と思うかもしれません。その制裁が社会的常識や法律の範疇を越えてしまうと、更なるトラブルに巻き込まれかねません。

なぜ制裁するのか?制裁する理由を考えてみよう

妻と不倫相手に制裁を加える目的は大方次の2つになると思います。

  • 不倫されたことによる自分の怒りや悲しみを晴らす
  • 二度と相手に不倫をさせないようにする

不倫されたことによる自分の怒りや悲しみを晴らす

まず「不倫されたことによる自分の怒りや悲しみを晴らしたい」というのが第一だと思います。これは悪い言い方をすれば復讐や報復とも言います。しかし、すでに相手が不倫という許しがたい行為をしているわけですから、妻と不倫相手に制裁を加えることで自分の気が晴れるなら、世間的にも許容されるでしょう。

二度と相手に不倫をさせないようにする

さて、二度と相手に不倫をさせないための抑止力として、あるいは反省を促すことを目的として制裁を加えるというのは人によるかもしれません。

妻との復縁を考えているなら反省を促すために制裁を与えても良いでしょう。しかし、その場合は程度ややり方が重要です。あまりにも理不尽なやり方で制裁を加えてしまうと、遺恨を残してしまい今後の夫婦関係がギクシャクしてしまいます。これはお互いのためにも良くありませんね。

きちんと反省させないと妻に不満を持たれ、また不倫される引き金となりますので、当事者全てが納得できるやり方でなければなりません。

もうこんな妻とは一緒に居たくない!別れて縁を切りたい!と思っている方は、妻に反省を促す必要は無いので、自分の気の済むように制裁を加えれば良いと思います。しかし、法律の範疇を越えた過激な方法や、自分にリスクが発生するような方法は、更なるトラブルを呼び、尾を引く可能性があるのでやめましょう。

法の範疇で、あなたの気が晴れる方法で妻と不倫相手にズバッと制裁を与え、妻ともすっきり別れる、それが一番健全です。

不倫した妻に対する色々な制裁方法

Fotolia_61254840_XS

不倫というのは、本当に許せない行為です。特に、お子さんのいるご家庭であればその怒りというのは筆舌に尽くしがたいものでしょう。ただ、感情に任せて自分が不利になるような制裁はいけません。あくまでも妻が不利になる制裁を考えていきましょう。ここでは、不倫をした妻への制裁方法についていろいろとご紹介していきます。

  1. 身内に妻の不倫を報告する

    まずは、身内に妻の不倫を報告するという方法です。身内の恥を晒すのは恥ずかしいでしょうが、一番恥ずかしいのは妻です。旦那さんが報告するという形をとってもいいでしょうし、あえて妻本人の口から具体的に報告させるというのもいいでしょう。

    Fotolia_89509869_XS

    「不倫=恥ずべきこと」ということを刷り込むためにも、不倫についてのより具体的な報告をしてもいいかもしれません。生々しい証拠がある場合には、それを身内に晒すというのもひとつの方法です。不倫中のメールや動画などを妻の両親に見せるといった制裁方法を実行している人も少なくありません。

    身内がまともな人間だった場合、妻への監視や再教育を手伝ってくれるでしょう。ただ、身内に不倫を擁護するような人間がいた場合、逆に妻の立場が優位になる可能性もあります。身内がまともな人間なのか、不倫に対してどのような考えを持っているのかという部分を事前にリサーチしておく必要があります。

  2. 職場に内容証明を送る

    これも不倫への制裁のひとつとして実行している人が多い方法です。身内はもちろんですが、職場に自分の不倫が知られるというのは非常に恥ずかしいことです。内容証明を送ることによって、職場でも「不倫をするような女」という目で見られることになりますので精神的なダメージを与えることができるでしょう。

    Fotolia_86562524_XS

    不倫という行為に対して、世間の目は冷たいものです。それを実感させることができるのです。身内ではなく、他人から冷たい目で見られるのも相当こたえるでしょう。仕事での昇進は望めないでしょうし、最終的には仕事を辞めさせるというところまで追い詰めることができるかもしれません。

    ただ、妻への慰謝料を請求する場合には、この制裁方法は向いていません。というのも、職場への内容証明を送ることによって妻が仕事を辞める可能性も高くなるわけです。そうなると、慰謝料の支払いが滞る可能性もありますし、十分な慰謝料を取れないまま終わってしまう可能性もあるのです。事前に絶対に仕事を辞めないことを念書にしておくといいかもしれません。

  3. こちらの気が済むまで好きにさせてもらう

    妻が好き勝手にした結果が不倫です。肉体的にも精神的にも好きなように行動したからこそ、不倫という結果が出ているわけです。そうなってくると、なぜ妻だけが好き勝手できるのかという考えも出てくるでしょう。妻が好き勝手したのですから、今度はこっちの気が済むまで好き勝手させてもらうというのもひとつの制裁方法です。

    group of young people having a good time

    好きなものを好きなだけ食べ、好きなものを好きなだけ買い、自由に感情を表現していきましょう。もちろん、これらを受け止めるのは妻の役割です。スッキリするでしょうし、本音をさらけ出すことによって見えてくることもあります。

    この制裁方法も実践している人が多いものになります。ただ、あまりにも長期化し、内容が過激になればなるほど周りが「もう許してやれば?」という流れになってくるかもしれません。度合いと期間がポイントになりますので、あくまでも自分の立場が悪くならないように気をつけていきましょう。

  4. 「捨ててやる」とハッキリ言葉にする

    不倫をしておいて、「本当はあなたが一番なの」とすがってくる妻も多いことでしょう。また、完全に夫を舐めた上で不倫をする妻もいます。不倫した妻に対して、「捨ててやる」とハッキリ言葉にすることも制裁になります。

    Angry young couple arguing in living room

    経済的な面で夫に依存している妻は多い傾向にあります。そのため、そういった妻が夫に捨てられるとなると生活をしていくことが困難になるわけです。確実に絶望感を味わうことになります。

    また、自分が捨てられる立場であるということを再認識することになりますので、精神的なダメージも大きいでしょう。ただ、あまりにも言葉で追い詰めてしまうと、妻の性格によっては何をしでかすか分からないという部分もありますので、しつこく言い過ぎないようにしましょう。不倫をしているときは夢心地でも、それがバレて捨てられる身になると精神的には地獄に落ちることになるのではないでしょうか?

探偵に依頼して慰謝料を取るのが一番!不倫再発防止にも効果大

これまで挙げた方法は、妻や不倫相手の立場を悪くするような言わば社会的制裁でしたが、やはり妻と不倫相手からきっちりと慰謝料を取るという金銭的制裁を与えることが一番応えるようです。

探偵に不倫調査の依頼をすれば、数十万円のお金がかかりますが言い逃れができないレベルの証拠をつかむことができます。証拠をつかむことができれば、あとはスムーズです。

P1040123_R

探偵に依頼することでお金はかかるでしょうが、慰謝料を取ってしまえば黒字になるはずです。不倫が原因で離婚に至った場合には相場として200万円~300万円の慰謝料を妻と不倫相手に請求することができます。夫婦関係を継続する場合でも、不倫相手から50万円~100万円を請求できます。確実な証拠でがっぽり慰謝料を取ってやりましょう。

言い逃れができない状態に持っていくことによって、溜飲も下がることでしょう。

不倫妻からガッツリと高額の慰謝料を勝ち取り、制裁を与える全手順はこちら

妻の不倫にお悩みの方へ
最近、妻に「隠れて誰かと電話している」「態度がよそよそしくなった」「夫婦生活を断られるようになった」といった兆候はないでしょうか?こんな事があると妻が誰かと不倫しているのではないかと気が気でいられないことでしょう。

「こんなプライベートな悩みは誰に相談していいのか分からない」と、一人で抱えてしまってはいませんか?そんなとき、探偵事務所が浮気・不倫の悩みをしっかりとサポートしてくれます。
  1. 原一探偵事務所

    業界最大手の探偵社で資本、調査員の数・質ともにトップクラスです!他の探偵社よりも若干料金は高めになりますが、裁判で通用する不倫の証拠を確実に取ってくれます!なお当日依頼も受け付けているのでまずは電話で気軽に相談してはいかがでしょうか?当サイトから原一探偵事務所にご依頼された場合、浮気調査基本料金が50%OFFになります!

    ▼24時間無料相談ダイヤル
    0120-292-221

  2. HAL探偵社

    調査費用が気になったり、不倫の証拠が取れない事が不安な方は6000円から調査依頼可能なHAL探偵社をオススメします!HAL探偵社は証拠が取れた場合にのみ調査費用を後払いする「成功報酬制度」を採用しているので、万が一、証拠が取れなかった場合には費用は一切発生しません。また調査費用や慰謝料の見積もりが簡単にできるシミュレーターも用意しているので料金が気になる方はHAL探偵社に相談してはいかがでしょうか?

    ▼24時間無料相談ダイヤル
    0120-088-995

  3. 総合探偵社AMUSE(アムス)

    総合探偵社AMUSE(アムス)

    総合探偵社AMUSEでは、証拠が掴めなかった場合は費用を一切頂かない調査費用全額無料キャンペーンを行っているので安心して依頼できます。またAMUSE探偵学校を運営しており探偵の育成にも力を入れているため調査員の実力はピカイチです。アフターフォローにも力を入れており、専属カウンセラーが常駐しているので夫婦間の悩みを気軽に相談できます。証拠を取った後もきっちりフォローしてくれる探偵社をお探しでしたらAMUSEがオススメです!

自分に一番合った探偵社を見つける探偵紹介サービス


探偵さがしのタントくんは10社の探偵社のなかから、あなたのお悩みに合わせて最適な探偵社をご紹介するサービスです。タントくんでは独自の審査基準で信頼と実績のある探偵社だけを紹介しているので、安心して調査を依頼することができます
  • どの探偵社が良いか分からない方におすすめ!お悩みの内容に応じて最適な探偵社を無料でご紹介します!
  • 探偵社に個人情報を伝える前に何度でも匿名相談OK!納得のいく探偵社に依頼することができます!
  • 地方在住、探偵と面談する時間帯を指定したい、女性相談員と話したい、といったご希望にも柔軟に対応します!
探偵さがしのタントくんを利用すれば6つの質問に答えるだけで、最短2分であなたにとって一番合っている探偵社を紹介してもらえます!

ページの先頭へ