慰謝料を確実に支払わせるための公正証書

慰謝料請求

メモをとる女性

公正証書は、妻とその浮気相手に確実に慰謝料を払わせるためのものでもあります。だからこそ、離婚協議書と示談書は公正証書にしておいたほうがいいのです。ただ、公正証書にするにしてもメリットとデメリットがあります。ここでは、そのメリットデメリットについてお話していきましょう。

公正証書にするメリット

まず、公正証書にするメリットとして挙げられるのが証拠としての価値が高いというところです。基本的に何かについて争うことになったときに物を言うのが証拠です。しかしながら、証拠にもいろいろなものがあり、場合によってはいくらでも偽造できるような証拠もあるわけです。離婚協議書と示談書でも同じことが言えます。

しかしながら、公正証書となると話は別です。役所などが作った公文書は一般的にも証拠力が高いと言われていますが、公正証書というのはまさに役所などが作成した公文書になるのです。偽造の可能性というのは非常に低く、だからこそ証拠としての価値が高いものとなるのです。

次に、執行力があるというところについてです。要は、差し押さえをすることができるだけの効力を持っているということになります。特に、離婚協議書と示談書においては慰謝料の支払いについての内容が盛り込まれています。払える状態なのに意図的に払わないなんてことがあったのではたまったものではありません。

こういった場合であっても、公証役場で公正証書を作成して手続をしておくことによって、すぐに差押えができるようになるのです。いちいち裁判などを起こす必要がありませんので、スムーズに慰謝料の確保ができるわけです。通常であれば裁判所に訴訟を提起し、勝訴判決を得なければいけないところをさっと差し押さえしてくれるのですから、ありがたいものです。

そして、内容に誤りがなく、確実性が高いというところもメリットになってきます。公正証書はその内容を公証人がチェックすることになります。そのため、当事者のみで作る離婚協議書や示談書と比べて、誤った内容となる可能性が低く、また確実性も高くなります。

公正証書にするデメリット

非常に魅力的なメリットのある公正証書ですが、デメリットもあります。まず、公正証書の作成に費用がかかるというところです。基本的に費用は慰謝料の金額によって変わってきます。

慰謝料の金額が100万円以下であれば手数料は5000円、慰謝料の金額が10億円を超えるようであれば手数料は24万9000円に5000万円までごとに8000円を加算となっています。このように慰謝料の金額が大きくなればなるほど、手数料として支払う金額も大きくなってくるのです。高額な慰謝料の金額から考えれば微々たるものかもしれませんが、請求金額によってはこの手数料が結構なダメージになる可能性もありますので注意が必要です。

そして、作成に時間がかかるというところもデメリットになってくるでしょう。公正証書は公証人がその内容に誤りがないかチェックしながら作成していくものになります。そのため、どうしても作成に時間がかかってしまうのです。

公正証書を作成するときは、基本的に当事者である夫婦が公証役場への出頭することが必要となってきます。公証役場は平日の9時から17時までになりますので、この時間帯に合わせて行く必要も出てくるのです。出頭しなければいけない上に、日時が限られているというのは正直なところ面倒に感じる方も多いのではないでしょうか。

妻の不倫にお悩みの方へ

最近、妻が隠れて誰かと電話してる、よそよそしい、夫婦生活を断るといった兆候はありませんか?こんな事があると不倫を疑い気が気でいられないでしょう。「こんなプライベートな悩み、誰に相談すれば…」と悩んでませんか?

実は、不倫の悩みは探偵事務所が解決してくれるんです!

当サイト紹介の探偵事務所は電話・メール相談、不倫調査の費用見積もりが24時間対応、匿名OK、完全無料。問題解決のために確実な調査とアフターケアを徹底します。

オススメの探偵事務所を比較してランキングにしました。まずはこちらの探偵事務所にご相談してはいかがでしょうか?探偵事務所のスタッフが全力であなたをサポートします!

他にも色んな観点から比較したランキングがあります!

当サイトでは様々な観点から探偵事務所を比較しております。納得がゆく探偵事務所を見つけるためにこちらも参考にしてください。

確実に不倫の証拠を取ってくれる、調査力の高い探偵事務所に依頼したい方は

とにかく調査費用が安いところに依頼したい、調査費用が気になる方は

探偵事務所が近場にあるか気になる方は

ページの先頭へ